GABAと不眠

不眠の原因の1つとしてGABAの不足があり、不眠症の人は健康的な睡眠をとっている人に比べ脳内のGABAが約30%少なくなっていることがわかっています。

GABAと不眠

GABA不足で陥る不眠のループ

で書いたとおりGABAにはグルタミン酸やドーパミンの分泌を抑制する働きがあります。

GABAが不足するとこれらの分泌に抑えが効かなくなり不眠という状態になるのですが、そうなるとGABAの性質上ちょっと困ったことになってしまうんです。

その性質というのは「眠っている間に作られる」ということ。

つまり、眠れないとGABAが作らないので「また眠れない」→「GABAが作られず不足」→「眠れない」→「作られない」・・・  と不眠のループに陥ってしまうのです。

不眠のループを断ち切るには?

まずはしっかり眠れるようにしなければなりません。

医師から処方される睡眠薬やGABAサプリメントで不眠ループを断ち切りましょう!

そして日常の生活でも意識してGABAを含む物を食べることをすすめます。

GABAは摂取しても効果が2時間で切れてしまうので食事やおやつの時間などこまめに摂るのがよいでしょう。

GABAサプリメントのページへ→



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です