睡眠の質を上げる!アミノ酸『グリシン』の効果

グリシンは睡眠の質を上げる効果があるとして注目されているアミノ酸の1つです。

冷蔵庫-グリシン

トリプトファンが必須アミノ酸であるのに対しグリシンは非必須アミノ酸で、食べ物から摂取する以外に体内でも生成されます。

アミノ酸のなかで最も分子量が小さく、タンパク質を構成する物質として体内のあちこちに存在し、肺から全身に酸素を運ぶヘモグロビンの材料になったり神経伝達物質として働いています。

比較的安全性が高く副作用が少ないことから調味料や食品の日持ちを良くする添加物として惣菜や加工品によく使われているので、冷蔵庫の中身をチェックしたら表示されているものがいくつか見つかるかもしれません。

グリシンの睡眠改善効果

睡眠の質を上げるというグリシンの効果は2002年に行われたあるアミノ酸の実験中に偶然発見されたもので、グリシンを投薬された被験者の中で休息をうまく取れず日中に身体がダルいなどの問題を抱えてた人がいたのですが、グリシンを飲んだ翌日は体調がよく作業の効率が上がったということから研究が始まりました。

寝付きをよくするので睡眠の質が上がる!

グリシンには手足の血管を広げて血流を良くする作用があります。

体内の熱は血流に乗って手足に運ばれ効率よく発散されます。すると深部体温がさがって脳がクールダウンしやすくなるので寝付きがグンと良くなります。

睡眠前にグリシン抜きの食事を摂ってもらったグループとグリシンを3g含んだ食事をとってもらったグループに分け、消灯から深い睡眠に入るまでの時間を脳波で比較したところ、グリシン抜きの食事をとったグループが約60分だったのに対しグリシン3g入りの食事をとったグループは約半分の時間で深い睡眠に入ったという研究結果が出ています。ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルが自然なものに近づいたという報告も。

起きたあとも違いがある!

睡眠に問題を抱えてる人に就寝前3gのグリシンを飲んでもらったところ、普段から感じていた「熟睡感がない」「疲れがとれない」「頭がスッキリしない」などの症状が消え、スッキリ起きることができ仕事の作業効率が上がったということがわかっています。

これは睡眠の質が改善され十分な休息がとれたという証拠。

不眠などで睡眠に問題を抱えている人だけでなく、普通に毎日眠れている人にもこの効果があります。通勤に時間がかかったり残業続きで睡眠時間が短いなどといったときにもグリシンは強い味方になってくれます。

ただ摂るだけではダメ

ステーキ肉1人前

ステーキ肉1人前が150~200g

睡眠の質を改善するためにグリシンを摂る場合、就寝30分前に3000mgが必要です。

しかしグリシンが多く含まれるタンパク質は消化の悪いものが多く、3gという量を就寝前に食べ物から摂るというのは現実的ではありません。というより身体に悪いと思います。(グリシン3000mg=豚肉なら約300g、含有量の多い車エビでも120gほど食べないといけない)

なので寝る前にサプリメントで摂ることをおすすめします。

グリシンサプリメントのページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です