熟睡度アップ!冬布団の選び方・敷き方

1.冬の布団はここが重要!

ふっくらと厚み

外からの冷気を遮断するのに最も効果のある断熱材は布団に含まれている空気です。ペッタリとした薄い布団よりもふっくらとした厚みのある布団のほうが多く空気を含むので、冷気の影響を受けにくく布団内の暖かさを保つことができます。
敷布団も同じで、薄いものは背中から冷えてしまうのでやはり厚手のものがいいです。

掛け布団は軽いものに

眠っている間、寝返りをうつことで布団の中に溜まった湿気や熱気を逃したり姿勢を直したりと、無意識のうちに快適に保とうとしています。ですので、いくらふっくら厚みがあっても寝返りのジャマをするようではダメ。また重い布団は身体に負担をかけたり肩こりなどの原因に。冬場は毛布など掛けるものも増えるので意外と重くなりがちです。掛け布団はできるだけ軽く、寝返りのうちやすいものにしましょう。

2.布団の敷き方のコツ

毛布は掛け布団の上に

毛布を布団の上にかけると2つのメリットがあります。

・暖かい空気を逃さない

掛け布団の中の空気は体温によって暖められます。とくに羽毛布団は暖まることでふっくらと膨らみを増し保温効果をあげてくれます。掛け布団の上に毛布を掛けることで布団内の暖まった空気を逃さずに留めておくことができ、朝までしっかり保温してくれます。

・布団のズレ防止

夜中に寒くて目が覚めてみたら布団が何処かへ飛んでいて毛布にくるまってた・・・ってのはよくある話。ベッドだと布団が丸ごと落ちていたり。
実際、寝返りをうったとき、薄い毛布は身体にからまりますが厚みのある布団はからまらずにズレてしまいます。
そこで、布団を先に掛けてその上に毛布を重ねてみてください。厚みのある布団は寝返りをうっても身体にからみつかないし毛布が重りの役目をしてくれるので布団が大きくズレるのをかなり防げます。いつも気が付くと布団がかかってないなんて人は是非試してみてください。

薄い敷布団は2枚重ね

ベッドで寝ている人はそれほどでもないかもしれませんが、床に布団を敷いている場合、背中からの冷えはバカにできません。冬でも眠っている間に汗をかき、その多くは敷布団に吸収されるので床からの冷気と相まって保温効果が落ちてしまいます。薄い敷布団を使っている場合は2枚重ねて床からの冷えを防ぎましょう。

1枚だと冷えやすいので・・・
1枚だと冷えやすいので・・・
2枚重ねて冷気を防ぐ!
2枚重ねて冷気を防ぐ!

3.朝まで暖め続けるのはNG!

電気毛布、電気アンカなどのつけっぱなしに注意

暖かい場所にいる時、身体は毛穴を開いて熱を逃がして体温を調整しようとします。それは眠っている間も同じで、布団の中が暖かいままだと毛穴が開き熱を放出し続けてしまい、結果、身体が冷えて夜中に目が覚めたりトイレに行く回数が増えてしまうのです。それに加え、布団の中は常に熱気がこもっている状態になってしまうので寝返りの回数が増え安眠の妨げになるうえ、この時に布団を蹴飛ばして冷気にさらされてしまうと身体が冷えているので風邪をひきやすくなってしまいます。

電気毛布、電気アンカを使っている人は、就寝前に布団を温めておいて布団に入ったらスイッチを切るようにしましょう。

湯たんぽと布団乾燥機に注目!

・ゆっくり冷めていく『湯たんぽ』

最近また湯たんぽが注目されていますね。朝まで一定の温度で暖め続ける電気毛布などと違い、湯たんぽのいいところは、ゆっくり冷めていくので布団の中に無駄な熱気をこもらせず朝まで自然な暖かさを保てるところです。これにより身体の冷えを防いだり、余計な寝返りを増やさずにすみます。
熱伝導率の高い銅製のものが一番いいと思いますが、最近はプラスチックやゴム性の物が主流で、小さいものなら100均でも買えてしまうので自分の好みで選んで問題無いと思います。

・ふっくらあったか布団乾燥機

冬場は屋外で布団を干すのが難しくなってしまいますが、そこで活躍するのが布団乾燥機です。冬でも寝汗はかくので布団には湿気が溜まってしまい保温効果が落ちてしまいます。就寝前に乾燥機をかけておけば寝る頃には湿気もなくなりふっくらとした布団で眠ることができます。とくに羽毛布団は温まることで膨らみを増し保温効果も上がるのでとても相性がいいです。
昔に比べ小型のものが増え持ち運びが便利なのと、眠る前につけるだけなので電気代の節約にもなるので電気毛布が苦手という人は湯たんぽと組み合わせて使ってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です