安眠快眠に効果のある6つのツボ

快眠に効果のあるツボ

『ツボ』というのは東洋医学でいう気の流れの上にあるポイントのことです。

ツボを刺激することで心や身体のバランスをとることができます。自律神経を整えたり血流をよくしたりなど、安眠快眠しやすい状態を作るのに役立ちます

気やツボなど東洋医学はあんまり信用してないという人もいるかもしれませんが、ツボの刺激による治療効果はWHO(世界保健機関)でも認められています。

鍼やお灸は素人では無理ですが、指圧なら誰でもできるし手軽なので是非やってみてください。

ただし、熱がある時や飲酒したあと、妊娠しているときは身体が通常の状態ではないのでしないでください

1,百会(ひゃくえ)

頭のてっぺん。左右の耳の穴を結ぶ線と、身体の中心を通る線が交わった場所
人差し指、中指、薬指の三本をそろえて、じんわり押してゆっくり離すを数回繰り返してください。
自律神経と直結した万能ツボと言われ、自律神経の調節や不眠、ストレスに効果があります。抜け毛、痔、頭痛の改善効果も知られています。

百会

2,天柱(てんちゅう)

tenntyuu

後ろ髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。
指の腹で指圧する他に温めたタオルをあてても効果あり。
百会と同じく万能ツボと呼ばれ、自律神経の調整、ストレスの発散、肩こりや目の疲れにも効果があります。

3,鳩尾(きゅうび)

kyuubi

みぞおちのことです。自律神経が乱れると固くなります。
人差し指、中指、薬指を揃えてやさしく押してください。
ストレスやイライラに対して効果があり、精神を落ち着けます。更年期障害で眠れないときにも効果あり。

4,腎兪(じんゆ)

jinyu

背中側の腰のくぼみ。背骨から指2本分外側になります。
下から上へ円を描くように揉みましょう。
基礎代謝の低下や慢性的な腰痛、ギックリ腰、冷え性に効果があります。

5,湧泉(ゆうせん)

湧泉

足の指を曲げた時に一番くぼむ部分
ゴルフボールやビンなどを使うと刺激しやすいです。
第二の心臓と呼ばれるほど効果のでるツボです。自律神経や循環器系の調子を整えたり、足の疲れ、高血圧、むくみにも効果あり。

6,失眠(しつみん)

situmin

かかとの中央
唯一強く刺激していいツボで、眠れない時にビンや木槌のようなもので叩いて数十回刺激しましょう。
『眠りを失ったときに効果的なツボ』という意味で失眠と名付けられたほど不眠に対して効果があります。
しかし、妊娠中は刺激するのを避けたほうがよいツボでもあります。

ルルド マッサージクッション コードレス

ルルド マッサージクッション コードレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です