メラトニンを増やそう!セロトニンについて

メラトニンの材料『セロトニン』

メラトニンを作るには太陽の光を十分に浴びることが大切だということは快眠の素『メラトニン』で書きましたが、メラトニンを作るにも材料が必要です

それが『セロトニン』という物質で、そのセロトニンは『トリプトファン』というアミノ酸から作られます。

メラトニンの合成

メラトニンは昼間、光を受けることでセロトニンを材料にして作られるのです。

ではまずセロトニンとはどういったものなのでしょう?

セロトニンの特徴

メラトニンの分泌を促す メラトニンの材料となり、夜の分泌を促進する。
ストレスへの耐性を強くする 怒りのホルモンと呼ばれる『ノルアドレナリン』の分泌を抑制し、感情のコントロールを安定させる。
鎮静効果 精神状態を落ち着かせイライラや不安を抑える。
鎮痛効果 セロトニンが不足すると痛みに対して敏感になり、頭痛や腹痛などを起こしやすくなります。

セロトニンは身体にも心にも大きく関わっています。セロトニンが不足するとよく眠れないだけでなく、気持ちが不安定になり落ち着かない、身体がシャキッとせず姿勢が悪くなるなどの他、うつ病やパニック障害をを引き起こすおそれがあります

逆に、セロトニンが十分ならば身体も心も安定し健康的な毎日が過ごせます。そんなところからセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンを増やすには?

セロトニンを増やすには以下のことが効果的です。

朝起きたら太陽の光を浴びる セロトニンは昼間の明るい時に分泌されます。朝の光はセロトニン分泌のスイッチを入れてくれます。
深呼吸する 深呼吸をして体内に酸素をたくさん取り込むことでセロトニンの分泌を高めます。
リズムのある運動をする セロトニンは一定のリズムで刺激を受けると分泌が高まります。ウォーキングや自転車などのリズムのある運動をすることで分泌を高めることができます。
適度に休憩をとる ストレスを受け続けるとセロトニンの分泌が減ってしまいます。頑張るのはいいことですが、息抜きやリラックスすることも大切です。
首を回す セロトニンは脳のほうせん核という部分で作られています。首を回すことでほうせん核を刺激することができ、セロトニンの生成・分泌を高めることができます。
トリプトファンを摂取する セロトニンの材料となるトリプトファンを摂取することでセロトニンを増やすことができます。
炭水化物を摂取する 炭水化物を摂った時にすい臓から分泌されるインスリンは、トリプトファン→セロトニンへの合成を促してくれます。

セロトニンは脳内で作られる物質で、メラトニンとは違い食べ物やサプリから直接摂ることはできません。なのでセロトニンの材料になる『トリプトファン』を食べ物から摂取しなければなりません。

トリプトファンの話はいったんおいておいて、次のページではセロトニンを増やすための行動について少し詳しく説明します。→【セロトニンを増やす8つの方法①】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です