一晩の睡眠サイクルはこうなっている

時間と変化

ノンレム睡眠とレム睡眠の長さは同じではなく、約90分のうちレム睡眠は10分程度で、ほとんどがノンレム睡眠です。しかし眠りについてから時間が経つにつれ少しずつ変化していきます。
cycle2

上のグラフのようにノンレム睡眠とレム睡眠はくり返されるのですが、朝に近づくにつれ疲れがとれてくるとノンレム睡眠は浅くなり、レム睡眠の時間が長くなっていきます。

「も~無理おやすみ…」から「疲れもとれたしそろそろ起きる準備だ♪」ってなっていくわけですね。

最初の3時間が肝心!

深いノンレム睡眠は眠りにおちた直後から3時間の間に集中して発生します

cycle3

この3時間の間に深いノンレム睡眠をしっかりとると満足度があがり「よく寝た~!」と感じます。しかし、寝つきが悪かったり眠りが浅かったりすると物足りなく感じます。

上手に熟睡するには「寝つきのよさ」と「眠りの深さ」の2つがポイント。自分にあった方法で睡眠の満足度を上げていきましょう!

次のページは睡眠に大きく関わる体温のお話です。→【体温の変動】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です