羽毛布団の素材

主な羽毛の種類

【ダックダウン】
アヒルの羽根。
安価で手頃の材料だが、保温性、耐久性はそれほど高くない。
「グースダウン」「ダックダウン」という表記をしていない場合は安価なダックダウンの可能性が高い。
【グースダウン】
ガチョウの羽根。
ダックダウンに比べ羽毛が大きく、あらゆる面で優れていて寿命も約30年と長い。
羽毛を取り出して洗浄し、新しい生地に詰め直すことで長く使っていける。
【マザーグースダウン】
長期間育てられたガチョウの羽根。
通常のグースダウンよりも保温性、耐久性が非常に優れていて、高級羽毛布団にも使われる。
グースダウン同様長く使っていける。
【アイダーダックダウン】
アイダーダックという北極圏のアイスランドなどに生息する野生の鳥の羽毛。
極めて軽くて暖かく、最高級の羽毛布団に使われる。
アイスランドではアイダーダックは保護鳥に指定されていて直接羽根を採取することができず、雛鳥が巣立ったあとの巣から採取するしかないため生産量が制限され、非常に希少価値が高い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です